iwana001.jpg
メッキ失敗
2018-06-23 Sat 23:41
サイドプレートの塗装を剥がすため、パイプユニッシュに浸す。
昔、33の塗装を剥離剤で剥がしたらあんまり上手くいかなかったので、今回は使わなかった。
浸した後は手作業で塗装を削り取る。
その後、自分で銅メッキをしてみようと、材料を用意。

上手く出来たなと触ってみると、全部剥がれてしまいました。
そうか…コイツはメッキ出来ないのね…知らんかった…

メッキは諦めて、素材そのままで綺麗に磨きをかける事にした。



なかなか渋いね。
結構気に入りました。


表面処理しないので、くすんできますが、そのままでも良いし、その都度磨いても良いな。
スポンサーサイト
別窓 | カスタム ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
渓流スピニングカスタムロッド 
2018-06-16 Sat 23:37

①ツーピースロッド
硬めのULツーピースブランクを使用。
ULだが、パワーがありフローティングのバルサミノーなどは投げづらく感じた。
役目を終えたのでパーツとして再利用。



②5フィート3ピースパックロッド
源流釣行用にザック横に仕舞える様に、ワンピースブランクで3ピースロッドを製作した。折れてパーツとして再利用。
ブランク G-Looms GL-2 スピゴットフェルール加工3Pブランク ダークグリーンウレタン塗装
ガイド チタンsic



③5,3フィート2ピースロッド
ワンピースブランクを自然なベンディングのツーピースにするには、ティップとベリーの曲がりとそれを受け止めるバットに分けるのがより効果的だと考えて作った。今はバラしてパーツとして再利用。
ブランク ST.CROIX SC-Ⅴ スピゴッドフェルール加工ワンハーフブランク ライトブラウンウレタン塗装
ガイド チタンsic



④現在も使用中のワンピースロッド。
長めのブランクを5f以下にバットをカットして使用した。
調子は変わってしまったが、案外使いやすくなった。
ただ反省点は、グリップは脱着式にすれば良かったと後悔しています。

別窓 | カスタム ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
体調不良
2018-06-10 Sun 23:30
新しい釣り方を試してみたくてタックルを車に積む。
二時間位の短時間でテストする予定が、体調不良で20分で切り上げ。
行き帰りの運転、タックルの用意と後片付け、汚れた車の洗車、ウェーダーの水洗いなど、うんざりしますね。




ふと思ってやってみたのですが、ベイトリール用のfujiグリップをカーディナルに合わせたら、カッコいいかもしれません。
トリガーを削って、ストレートのコルクグリップにしたらいけるのではないでしょうか?
別窓 | カスタム ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
渓流ベイトタックル
2018-06-09 Sat 22:57
渓流ベイトロッド。
ワンピースのULブランクをソリッドカーボンでフェルールを作り、センターカットのツーピースにして仕上げてあります。
ハンドルはfujiグリップのウッド。
正直、あんまり満足していません。
細身の高弾性カーボンブランクで固定式のfujiグリップロッドを作ろうとしているのですが、何年も放置しています。
このタイプのfujiグリップに、LTXはギリギリ付ける事が出来るのですが、ロープロリールとオフセットタイプのハンドルは本当に握りやすいです。
キャストもリーリングも同じ握りで行い、握り直す必要がありません。
15C、25Cの アブ使いがブランクスルーのロッドを使っているのを見ると、大変だなぁと思ってしまいます。

別窓 | カスタム ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
本流ベイトタックル
2018-06-04 Mon 02:47
私は釣り具を収集するという欲が人よりないし、最新とか最高のモノを手にしたいという願望があまりない。
なので現在所有している釣り具って本当に少ない。
一応昔はロッドで言えばウエダやザウルスなんかや、リールで言えばステラとかトーナメントZやコンクエなんかも持ってたけど、今は最新のタックルを買いたいなんて全く思わないです。
そんな私ですが、新しい(自分には)釣りに出会うと物欲が刺激されます。
ベイトフィネス出始めの頃、KTFのベイトフィネスチューンされたリールが販売とともに売り切れ、ヤフオクではプレミア価格で取引されていました。
一時、グラスの自作ロッドと15Cで渓流釣りをしていた私には気になって仕方がありませんでした。
ベイトリールで2gを投げられるリールとはなんなんだ?、と。
その後abuからLTXが発売されたのでしばらくして買って、今も使っています。
今は物欲を刺激するものが全くなく、基本的に全て素材として見ているので、ジャンクのリールとか折れ竿とかホームセンターとか100均なんかしか興味がないです。
が、最近気になる釣りがあって、ずっと検索したり、海外のオークションサイトを見たりしています。
そのうち買ってもまうかもしれません。

ロッドはカスタム。リールはRevo LTを遠心ブレーキにしたもの。
このロッドは酷いです。ブランクはスピニングロッドをグリップ前でぶった切り、ガイドをベイト用に交換。
グリップも他のカスタムロッドから持ってきてニコイチにしてあります。
なおかつガイドラッピングの時に誤ってコーティング剤が逆並み継のフェルール部分に回ってしまい、完全に取れなくなってしまいました。
どうしょうもないのでフェルール前でぶった切りました。
使用出来る状態にするには、擦り合わせしないといけないですが、削ると強度がなくなってしまうので内側に別パイプを突っ込んで強度を確保しました。
ロッドを繋いだ状態でロッドのベンディングを見るために負荷をかけたらまだ補強してない穂先側が割れてしまいました。
折れたところを削除し、また擦り合わせしてなんとか使える状態にしてあります。
だいぶ短くなりました。

ガイドは全てダブルフット。
エンドガイドはこんなのも面白いだろうと、やってみた。
この意味ありげな感じが良いでしょう?
別窓 | カスタム ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
| Trout Time | NEXT