FC2ブログ
iwana001.jpg
トランギア メスティン
2018-09-16 Sun 22:12

10年以上前に買ったメスティン。
米を炊く為に買ったんだけど、今まで米を炊く時は飯盒使ってたので出番もなく、薬とか緊急時に使う道具入れになっていた。
そのまましまい込んでいました。
来週ソロキャンプ 行こうと思い引っ張り出してきた。
上手く炊けるかなぁ。
つーか、佐藤のご飯でいいかな…。

百均で作った1人用卓上BBQグリル。
思った以上に噛み合って、サクッとグリルが出来ました。
小型のブリキバケツはドリルで空気穴を開けてあります。
中はステンレスの網で炭を入れる感じになってます。
キャプテンスタッグで昔作ってたヤツの小型化をイメージした。
穴あけ以外はただ組み合わせただけ^^
多分問題なく使えると思う。
作ったという程のものではないけど、こういうの考えるの楽しいな。
スポンサーサイト
別窓 | 釣り・魚 | コメント:0 | トラックバック:0
カーディナル3XBII
2018-08-20 Mon 00:39
カーディナル3XBII。

2017年の初め頃発売されたカーディナルです。
また黒のカーディナルが出たんだなぁ位にしか思ってなくて、最近知ったのですが、このカーディナルってハンドル袖の部分に2ボールベアリング追加されたモデルなんですね。
まったく知りませんでした…

ここをベアリング仕様にしたければ、ボディーを変えれば良いんですね。
ちなみに7500円です。

このリールは5.3:1の3Eのギアを組んであるそうです。
正直、5.3:1の1にベアリングを追加でしてもそんなに変わらないと思うのですが、軽量化にはなってるみたいですね。

初めてカーディナルを使うなら、最近のカーディナルは良いようですね。
チューニング前提なら古い復刻物でも問題ないですが、オークション見ても良い値段するんですよね。

別窓 | 釣り・魚 | コメント:0 | トラックバック:0
ベイトタックルとスピニングタックル
2018-07-30 Mon 07:09
バス釣りのベイトフィネスから派生した渓流ベイト。
ベイトリールが軽量ルアーを当たり前のように投げられるように進化したのは、バス釣りのベイトフィネスの流行からです。
渓流ベイトフィネスなんて言われ方しますが、定義は分からないけど、なんだか変ですよね。
面倒なので、細かく書きませんが。

最近近くの川で釣りをしたんですけど、最初ベイトタックルで釣りを始めました。
ベイトタックルはポイントに入れたいとき、本当に楽。
スピニングだと人差し指からラインを離すタイミングが全てと言っていい位、ピンポイントに入れたい時はシビアになります。
勿論フェザリングやロッド操作もしますけど、ベイトに比べたら調整幅が狭いですよね。
スピニングでピンポイントに入れていく人は職人技って感じです。

で、二連続でバラしたんです。岩魚です。
ミノーを使っていたのですが、LTXって最大巻き取り量82cmでしたっけ? 早すぎてミノーが自分の思っている動きとミノーの動きが違うんです。
そもそもベイトタックルはスピニングタックルと違い、手首の使い方が限られてしまいます。
軽量ルアーが投げられて、手返しが良く、ピンポイントに楽にキャスト出来る。
そんな渓流ベイトタックルの長所に満足感もありましたが、改めてこれじゃ駄目だなと感じました。
タックルを煮詰めれば良いところまで持っていけるかもしれませんが、根本的にスピニングタックルとは違うし、それはミノーのトゥイッチングにおいて埋まらない差がある様な気がします。
誤解を恐れず書くと、ミノーイングが満足出来ないタックルなら、渓流ルアーをやる意味がなくなります。(個人的に)


クルマに戻ってスピニングタックルに変えました。
リールは3Eもどきだけど、ギアは33のギアを組んでいます。
3Xが発売された時、ギヤだけ取り寄せて組みましたが、自分には合わなかったですね。
カーディナル33って、渓流のアップストリームの釣りにおいて、恐ろしいくらいマッチしてますね。
今更ですが、改めて思い直しました。
但し、ライントラブルを克服、あるいは容認出来たら話です。
わたしはリールをカスタムしてはいますが、どうしてもライントラブルに関しては、最近のリールと比べると多いです。
特にラインテンションに気を使ってますが、ノントラブルって訳にはいきません。
ここがカーディナル愛好家になるか境目の様な気がします…が、そこまでしてカーディナルなんて使いたくねーよって、感じですね。
ロッドは5ft以下のロッドなので、絶対的に飛距離は期待できませんが、小渓流では取り回しが良い。
特にバックハンドキャストがやり易く、キャストの精度が上がります。
バックキャストを多様するようになりましたね。

カスタムロッド+カーディナル33+PEライン+トラウトチューン。
自分の中ではベストで、渓流スピニングタックル探しの旅はもう何年もここに留まっていて、旅に出ていません。
あとはオリジナルブランクを…いや、なんでもありません…



別窓 | 釣り・魚 | コメント:0 | トラックバック:0
振り出しロッド完成
2018-07-22 Sun 07:52
スレッドコートが出来、ようやく完成しました。
段取りせず、ちょっと作ってみるか的なノリで始めたので、時間がかかりました。
今回購入した物は、リアグリップのコルクだけで1500円です。
後は全部部屋にあるリサイクル品です。
貧乏工作ブログなので、なるべく安く作る方向でやってます。

ツーピースの振り出しです。
そもそも振り出しのロッドを作っている人があまり居ないですが、ツーピースの振り出しという…
誰も作らないだろうからそう言った意味ではオリジナリティがある…のか?

収納したガイド。
余っているブランクを切り出して遊動パイプにした。
折れ防止に、市販のカバーを付ける予定。

バットガイドは固定。
ガイド数はもっと増やした方が良いと思うが、振り出しとしてはそんなもんかとも思う。

収納した全体。

伸ばした全体。
グラスソリッドティップを長めに使ったので、カーボンロッドと比べてダルい印象ですが、その分軽いルアーも対応できますね。
鱒レンジャーのブランクを少しティップをカットしたので、3g~というロッドになっています。
これに付けるリールを買うかなと思っています。
ただいま物色中。
別窓 | カスタム ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
ガイドコーティング
2018-07-19 Thu 23:50
ガイドをコーティングする。
使うのはフレックスコート。
主剤より硬化剤の方が若干少なくないと硬化不良をおこします。
そうなると最悪です。
私は硬化剤を従来の比率よりも少なめしています。
硬化不良の失敗が無くなりますが、硬化が早まりムラが出来る気がします。
仕上がりに拘らなければ問題ありません。
違っているかもしれませんので、参考にしないでください。

コーティングは通常三回塗りです。
結構時間がかかります。

別窓 | カスタム ハンドメイド | コメント:0 | トラックバック:0
| Trout Time | NEXT